FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大阪湾の津波

    P1060600.jpg P1060601.jpg


    P1060603.jpg

    先日、大阪市の浪速区に出張で研ぎ直しにいくと、木津川のほとりに供養塔がありました。

    裏側には昔の言葉で津波についての記述があり、すぐ横に現代語訳が書いてありました。

    同じ内容のものが浪速区のホームページに載っていたので転記します。

    「大地震両川口津波記」

    嘉永七年(一八五四年)六月十四日午前零時ごろに大きな地震が発生した。
     大阪の町の人々は驚き、川のほとりにたたずみ、余震を恐れながら四、五日の間、不安な夜を明かした。この地震で三重や奈良では死者が数多く出た。
     同年十一月四日午前八時ごろ、大地震が発生した。以前から恐れていたので、空き地に小屋を建て、年寄りや子供が多く避難していた。
     地震が発生しても水の上なら安心だと小舟に乗って避難している人もいたところへ、翌日の五日午後四時ごろ、再び大地震が起こり、家々は崩れ落ち、火災が発生し、その恐ろしい様子がおさまった日暮れごろ、雷のような音とともに一斉に津波が押し寄せてきた。
     安治川はもちろん、木津川の河口まで山のような大波が立ち、東堀まで約一・四メートルの深さの泥水が流れ込んだ。両川筋に停泊していた多くの大小の船の碇やとも綱は切れ、川の流れは逆流し、安治川橋、亀井橋、高橋、水分橋、黒金橋、日吉橋、汐見橋、幸橋、住吉橋、金屋橋などの橋は全て崩れ落ちてしまった。さらに、大きな道にまで溢れた水に慌てふためいて逃げ惑い、川に落ちた人もあった。
     道頓堀川に架かる大黒橋では、大きな船が川の逆流により横転し川をせき止めたため、河口から押し流されてきた船を下敷きにして、その上に乗り上げてしまった。 大黒橋から西の道頓堀川、松ヶ鼻までの木津川の、南北を貫く川筋は、一面あっという間に壊れた船の山ができ、川岸に作った小屋は流れてきた船によって壊され、その音や助けを求める人々の声が付近一帯に広がり、救助することもできず、多数の人々が犠牲となった。また、船場や島ノ内まで津波が押し寄せてくると心配した人々が上町方面へ慌てて避難した。
     その昔、宝永四年(一七〇七年)十月四日の大地震の時も、小舟に乗って避難したため津波で水死した人も多かったと聞いている。長い年月が過ぎ、これを伝え聞く人はほとんどいなかったため、今また同じように多くの人々が犠牲となってしまった。
     今後もこのようなことが起こり得るので、地震が発生したら津波が起こることを十分に心得ておき、船での避難は絶対してはいけない。また、建物は壊れ、火事になることもある。お金や大事な書類などは大切に保管し、なによりも「火の用心」が肝心である。川につないでいる船は、流れの穏やかなところを選んでつなぎ替え、早めに陸の高いところに運び、津波に備えるべきである。
     津波というのは沖から波が来るというだけではなく、海辺近くの海底などから吹き上がってくることもあり、海辺の田畑にも泥水が吹き上がることもある。今回の地震で大和の古市では、池の水があふれ出し、家を数多く押し流したのも、これに似た現象なので、海辺や大きな川や池のそばに住む人は用心が必要である。
     津波の勢いは、普通の高潮とは違うということを、今回被災した人々はよくわかっているが、十分心得ておきなさい。犠牲になられた方々のご冥福を祈り、つたない文章であるがここに記録しておくので、心ある人は時々碑文が読みやすいよう墨を入れ、伝えていってほしい。

    安政二年(一八五五年)七月建立

    (転記ここまで)


    津波によって壊された金屋橋というのが今のなんばの道頓堀にかかる橋です。現在はなんばの町を歩いてみても海が見えませんので、津波と言われてもピンときません。ですがもし、同じ規模の津波が来れば、道頓堀沿いの店舗は破壊され、川からあふれ出た津波はビルの合間を縫って勢いを増し、人々を襲うかもしれません。

    大阪は水の都といわれるほど、多くの河川や運河があり、それによって歴史を築いてきた町です。しかし、その水が災害として猛威をふるったとき、脆い反面があることを先人は伝えてくれています。


    スポンサーサイト
    プロフィール

    砥(と)んぺい

    Author:砥(と)んぺい
    刃物の製造販売メンテナンスを行っております。
    刃物の研ぎは工房に持ち込んでいただければ当日仕上がります。
    ご連絡ください。
    電話06-6629-7246

    ホームページは
    こちら



    刃物とぎの宛先は以下へお願いします。

    〒545-0011
    大阪市阿倍野区昭和町2-19-17
    刃物屋「砥んぺい」 近藤 純平

    出張受付:090-6209-1507 
    工房受付:06-6629-7246
    メール:tonpei833gm@gmail.com

    カテゴリ
    リンク


    砥んぺい 地図
    砥んぺい地図


    富士濃造園大阪にある植木屋さん富士濃造園

    Refine
    カバンメーカーのネット限定ショップです
    格安セール中!!


    バチェラー院長
    バチェラー院長


    ピアノ教室とファミリーの日記
    ピアノ教室とファミリーの日記


    阿倍野区のペット美容院<br>「MAHALO(マハロ)」
    阿倍野区のペット美容院
    「MAHALO(マハロ)」


    各種割引販売しています
    芦刃物製作所
    最高級の洋包丁メーカーです


    堺孝行
    堺孝行の青木刃物です


    ナニワ研磨工業
    砥石メーカーです


    光シザー
    光シザー



    joewell



    富士シザー
    富士シザー



    内海シザー
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    FC2カウンター
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。